意外と知らない温泉旅行のマナー

温泉旅行のマナー

皆さんは、いつも温泉旅行に出かけたりしますか?温泉旅行に出かけなくても、近頃はスーパー銭湯なんかでも、ちょっとした温泉気分を味わうことができますよね。


温泉でも、公共のお風呂にしても、たくさんの人が利用するところですので、おうちのように自分勝手にお風呂に入るというわけにはいきませんよね。


皆さんが、リラックスして、気持ち良く入浴できるように、最低限度のマナーは、一人一人が守らないといけません。

かつては銭湯などにいくことも多々あったのですが、今のお宅は、どこもお風呂がありますので、公共のお風呂に入るという習慣があまりありません。


そういうわけで、マナーと言いましても、わからない人もいることでしょう。

お風呂は、裸で入るものですので、とにかく各自のマナーがないと、そこで入浴している人が、不快な思いをしてしまいます。


マナーというのは、「周りの方に迷惑をかけない」ことなので、むずかしいことはそんなになく、当たり前のことばかりです。


ここで、最低限のマナーを、ふたつほどあげてみます。
温泉に入る前に、きちんと掛け湯をして、体をきれいにすることです。


無論、体を洗ってからお湯につかるのもOKです。
体を洗わないまでも、お湯をかけてから湯船に浸かること。


それから、湯船には、持参したタオルを入れないこと。
湯船のお湯をきれいに使うには、この2つが肝心です。


温泉旅行に出かけた先で、トイレにも入ると思いますし、移動することで汗もかきます。
きたないからだのままで、湯船に飛び込む人がいたとしたら、だれでも不愉快になると思います。


他人にされて不快な事をしないことがマナーなのです。

温泉旅行と温泉のタイプ①

皆さんは、温泉が好きですか?社員旅行というと、温泉旅行が定番ですし、家族旅行といっても温泉旅行というように、我々日本人はかなり温泉が大好きですよね。


日本中に、色々なタイプの温泉がありますが、どうせ温泉旅行に行くのなら、掛け流し温泉が泉質を十分に実感できることでしょう。


掛け流し温泉でなく、循環させてある温泉でも、それなりの効果はあるものです。
温泉の種類も、チェックしてみると、いろいろなものがあるのです。


高級な温泉宿で、高額な宿泊料を払って入るお湯もあれば、大自然の中に湧きでている温泉に低料金で入るという手もあります。


高級な温泉宿では、お湯を循環させ、一定の温度管理もきちんとして、ろ過などによって、衛生管理もしっかりしています。


ですので、安心感という意味では、高級旅館などの循環湯も良いでしょう。


このように、同じ温泉でも、タイプが違えば、それを好む人と好まない人がいるのは当然のことです。

なので、温泉旅行に行く時は、よい思い出を作るためにも、あなたに合ったの温泉を選んで下さい。


温泉旅行の幹事を友人に任せたせいで、自分はその温泉がいまいち好きではなく、旅行が満喫できなかったということだってあるでしょう。


高級旅館とは、真逆の極端なタイプとして『野湯』があげられます。
こちらは、人気のない山奥なんかで、自然と湧いているだけのお湯です。


有名な野湯になると、立派な湯船のようになっているところもあります。
現在では、インターネットでその場所を確認することだってできるようですね。

温泉旅行と温泉のタイプ②

実際に野湯に行った方の日記なども読むことができますので、興味のある方は、インターネットの口コミなども参考にしてみると良いかもしれません。


しかし、野湯は観光地ではないし、道も整備されてないため、その場所にたどり着くための山の知識も必要です。


その上、装備なども必要になるところが多いので、温泉旅行ということでたやすくたどり着けるわけでもありません。


温泉旅行で、こういった場所にいこうと思う時は、野湯に精通した人にガイドをお願いすると良いでしょう。


こういったアウトドアの温泉は、すごく素敵だに違いありませんが、実際入ってみたいかというと、正直、私はこのような自然の中の温泉というのは苦手です。


野湯は、虫が飛んできたり、お湯にたどりつくまで、足場が悪かったりします。
そのような温泉は、できれば遠慮したいと思ってしまいますが、私と反対に、むしろ自然のままの野湯がお好みだという方もいらっしゃいます。


私は循環湯だったとしても、品がある旅館の温泉に入りたいと思います。
ですが、私の母は、野湯みたいなお風呂に行ってみたいと話していました。


一度だけ、母に付き合って、川のすみに、人工的に岩で作られた湯船らしき温泉に入ったことがあるのですが、いろいろな虫は飛んでくるし、川は流れているしで、私は落ち着かず、まったく温泉を楽しんだとはいえない状態でした。


ですので、こんな風に人の好みというのは、温泉にもでるのが良くわかりますよね。
心底、温泉旅行を満喫したいのでしたら、計画の段階から、好みの温泉を見つけることが重要です。


ここちよく、自分の好みの温泉に入れるということが、なによりの幸せですよね。

このページ『意外と知らない温泉旅行のマナー』では、温泉に入る時には最低限のマナーが必要です。温泉に行ってみて、他の方の行動をみていると、意外と知らずにやっていることがある方も見受けられます。なので、最低限のマナーは必要だと思い文書にまとめてみました。